なぜWeb2.0に価値があるのか--カオスと秩序の対立軸

飯田哲夫(電通国際情報サービス) 2008年10月29日 16時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 無事インドから帰ってきました。結婚式が3日間というのは本当でした。といってもここまで派手な結婚式というのはインドでも北部のみで、それ以外の地域はもっとあっさりしたものだそうです。

 今回は、帰りの飛行機で読んだ『ウェブ2.0爆発は秒読み』というニューズウィーク日本語版10月22日号の記事とインドにおけるカオスを結び付けつつ議論したいと思います。

インドのカオスと秩序

 前回お話した通り、今回インドで訪問したのは北部にあるチャンディガルという都市である。チャンディガルはパキスタンとの分割によって新たにパンジャブ州の州都として建設された計画都市であり、それゆえに、インドにして恐らく唯一、道は碁盤目状に走り、ル・コルビジェを始めとする建築家達による建造物が多い。そしてこの計画都市の特徴のひとつは、国民一人当たりの所得がインドで最も高いということである。これが、都市計画のみによって実現されているものとは思わないが、インドの都市としては珍しく大渋滞のようなものが無く、人と物の流れはスムーズである。

 一方、今回訪問したもう1つの都市であるアグラはどうか。当然ながら道は整然とはしておらず、舗装もところどころ行われていない。工事中で片側通行止めでも、何の交通整理もないので、突然対向車が逆走してきたりするのである。踏切待ちなどはひどいもので、電車を待っている間に両側ともに道一杯に車やらバイクやらが広がってしまい、いざ踏切が開くとどちらも渡りきることが出来ず、踏切の上で大混乱を呈するのである。踏切の前で一旦停止など有り得ない世界である。それでも何とか社会が回っているのだから、そこには無秩序なりの秩序があるのだ。

 しかし、チャンディガルとアグラのどちらからエネルギーを感じるかというと、実はチャンディガルの秩序より、アグラの無秩序からである。そして、アグラの無秩序がインド全体を代表しているのだ。効率性や生産性は当然チャンディガルの方が高いのだが、無秩序の中に身を浸していると徐々に体感されてくるリズムのようなものに壮絶なエネルギーを感じるのである。このリズムがあるからこそ、あれだけの大混乱の中でも社会は回り、インドは人を惹きつけるのだろう。

Web2.0は爆発するのか

 話を転じてニューズウィーク誌日本母版の『ウェブ2.0爆発は秒読み』について紹介したい。この記事は、その副題『金融危機の衝撃波で「お気楽IT企業」に終焉の危機』からも読み取れるように、今般の金融危機のWeb2.0系企業への影響を論じたものである。記事はfacebookTwitterなどを取り上げて、そのビジネスモデルの薄さを批判し、そのほとんどがこれからキャッシュの枯渇により潰れるだろうと予測する。そして、「ウェブ・ドット・ツー・オー」が「ウェブ・ツー・ドット・オーバー」へと向かうのだと皮肉な締めくくりで記事を終えている。

 たしかにイグジットとしての上場や買収が減少するなかでベンチャー・キャピタルへの資金流入が細り、結果としてベンチャー企業が多いWeb2.0系企業の資金繰りが悪化するケースは増大するだろう。しかし、それ自体は「ウェブ・ドット・ツー・オー」が「ウェブ・ツー・ドット・オーバー」となることを意味しない。現在の経済状況はWeb2.0系企業に限らず、広く企業全般の資金繰りに影響を及ぼしているのであって、何もWeb2.0系企業のみが苦境に陥る訳ではないのだ。

カオス型ビジネスとしてのWeb2.0

 インドのカオスから感じたことの1つは、Web2.0ビジネスの多くに、カオスから一定の秩序を見出すことを付加価値としているものが多いことである。例えば検索エンジンは、インターネット上の雑多な情報群に一定の秩序をもたらすことを付加価値としているし、SNSはバラバラに存在する個々人をサイト上で結び付け、一定の繋がりを作っていく。一見混乱しているものに対して、一定の秩序をもたらすことで、エネルギーに転換していくのである。その効率性は決して高いものではないのかもしれないが、その量が膨大であるが故に、生み出される力は非常に大きいものとなる。そういう意味において、Web2.0系企業のいくつか、もしくは多くがこの不況の中で消滅するかもしれないが、Web2.0が生み出すであろう可能性は消滅することはないだろう。

 インドは現在、その経済成長に見合ったインフラ作りに躍起になっており、主要都市で高速道路や地下鉄の建設などが進められている。これは計画的に進められているものであるが、一方で膨大な量の無秩序が存在し続けている。インドのパワーというのは、そのインフラが整備されていないところ、つまり無秩序の生み出すリズムの中にこそあるように感じるのだ。その点において、インドはWeb2.0型国家なのである。インドの将来は、それを完全な秩序の下に置くことよりも、その秩序と無秩序をバランスさせるところにあるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]