編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、「Vista SP2」のベータテストを拡大

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉

2008-12-03 10:22

 Microsoftは米国時間12月2日、同社OS最新版「Windows Vista」の第2修正版「Windows Vista Service Pack 2(SP2)」のより広範なテストの準備が整ったと発表した。SP2には、バグの修正およびパフォーマンス改善に加えて、Blu-rayと「Bluetooth 2.1」のサポートを追加し、同社のデスクトップ検索技術の最新版「Windows Search 4.0」を組み込む予定だ。

 MicrosoftのバイスプレジデントMike Nash氏は、ブログ投稿の中で、Microsoftは関心のあるすべての人にカスタマープレビュープログラム(CPP)を提供するが、全員がテスト版のSP2をダウンロードする必要があるわけではないと述べた。

 「(テスト版は)技術マニアや開発者、IT専門家たちを想定したもので、最終版リリースに先立ち、SP2を自身の環境で手持ちのアプリケーションと組み合わせてテストしたい人に向いている。われわれが大半の顧客に最もふさわしいと思うアドバイスは、最終版リリースまでこのサービスパックのインストールを待つべき、というものだ」とNash氏はブログで述べた。

 Microsoftは2008年10月下旬、アップデートの限定テストをまもなく開始すると発表していた。

 Nash氏によると、Vista SP2は順調に進んでいて、2009年6月末までにはリリースできる見込みだという。「今日現在、予定は順調に進んでいて、2009年前半にはWindows Vista SP2を出荷できそうだ」(Nash氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]