編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Open XML」の互換性を強化

文:David Meyer(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦

2008-12-04 12:56

 Microsoftは米国時間12月3日、同社の提唱するドキュメントフォーマットOffice Open XML(OOXML)に関して、複数の互換性強化を発表した。

 今回の機能強化は、同社が2008年3月に立ち上げたワーキンググループDocument Interoperability Initiative(DII)の一環で、DIIにはMicrosoftのほか、Novell、Quickoffice、DataVizといった企業が参加している。DIIの目的は、OOXMLと、オープンソースのOpenDocument Format(ODF)をはじめとするOOXMLに対抗するXMLベースのドキュメントフォーマット間の相互運用性を向上させることだ。ODFはすでに国際標準化機構(ISO)標準として承認されている。

 Microsoftは3日、「Open XML Document Viewer」をリリースすると発表した。Open XML Document Viewerは、OOXML文書をオープンソースブラウザの「Firefox」で閲覧可能にするプラグインだ。「ユーザーはこれで、プラグインをダウンロードすれば、Firefoxブラウザ内でOOXML文書が閲覧できるようになった。プラットフォームとしてはWindowsとLinuxの両方に対応しており、『Microsoft Office』やその他の生産性スイートをインストールする必要はない」と、Microsoftは声明で述べている。

 同社はまた、OOXMLとODFとの間でファイルフォーマットの変換を行う「Open XML/ODF Translator」についても強化し、バージョン2.5としてリリースした。新版には「ODF 1.1」に準拠したテンプレート1式が新たに加わっているが、これについてMicrosoftは「変換プロセスを通じてより忠実に(元の文書を)再現できるよう最適化した」とうたっている。また、スプレッドシートの図表関連機能が強化されたほか、「信頼性が向上」され、インストールのプロセスもよりスムーズになったという。

 さらに同社は、Apache Software Foundation(ASF)の進めるプロジェクト「Apache POI」に関連して、新たにソフトウェア開発キット(SDK)のリリースを発表した。POIは、Microsoftのドキュメントフォーマットの読み書きを支援するJavaライブラリを提供するものだ。新SDKにより、Java開発者がOOXML文書を扱えるようになった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]