編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

サン・マイクロシステムズ、RIA用開発プラットフォーム「JavaFX 1.0」をリリース

文: Ed Burnette(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-12-04 16:43

 Sun Microsystemsが米国時間12月4日、リッチインターネットアプリケーション(RIA)を構築するためのプラットフォーム「JavaFX 1.0」をリリースする。バージョン1.0は、ウェブブラウザとデスクトップを対象にしたものだが、後続のバージョンではモバイル端末やテレビなどの家電製品にも対応する予定。開発者向けには、JavaFXを用いてモバイル向けアプリケーションを作成できるよう、モバイルエミュレータが提供される。

 Sunによると、JavaFXは、グラフィックスやビデオ、オーディオ、アニメーション、リッチテキストを組み込んだアプリケーションを作成する際の開発サイクルを短縮してくれるという。

 JavaFX 1.0の構成要素は以下の通り。

  • JavaFX Development Environment
  • JavaFX Production Suite
  • JavaFX Desktop

 JavaFX Development Environmentにはコンパイラとランタイムツール、グラフィックス、メディア、Webサービス、リッチテキスト用ライブラリが含まれる。また、Javaの統合開発環境(IDE)である「Eclipse」および「NetBeans」用のプラグイン、モバイルエミュレータを搭載する。

 JavaFX Production Suite(開発コード名「Project Nile」)は、ウェブデザイナーを対象としたツールやブラグインを集めたもの。クリック1つでJavaFX用にメディアフォーマットを変換できるため、「Adobe Photoshop」や「Adobe Illustrator」などのグラフィックスソフトのコンテンツを簡単にJavaFXプログラムに組み込むことができる。

 JavaFX Production Suiteのおかげで、開発者は、最小限のデータのやりとりでグラフィックデザイナーとコンテンツを共有できるようになる。さらに、作成したアプリケーションは、様々なプラットフォーム上のブラウザで同一のルック&フィールを提供する。

 JavaFX Desktopは、ブラウザで稼動するアプレットをデスクトップに直接ドラッグ&ドロップできる新しいJavaプラグインなど、「Java SE 6 Update 11」の多くの機能を受け継ぐ。

 詳細な情報や、80以上におよぶコードやアプリケーションのサンプル、チュートリアル、記事、ドキュメントはjavafx.comで入手できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]