編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

KDDIとマイクロソフトの支援を受けたSaaSサービス、第1号がGCT研究所から登場

松田真理(マイカ)

2008-12-11 22:09

 GCT研究所は12月12日より、KDDIとマイクロソフトが提供するパートナー支援プログラム「Business Port Support Program」を活用した、SaaS型業務アプリケーションサービスの提供を開始する。

 KDDIとマイクロソフトは2007年6月27日、SaaS型ビジネスに関する包括提携に合意。同年12月以降、アプリケーションパートナー企業に対して、Business Port Support Programに基づいたビジネスコンサルティングや技術的なサポートをしてきた。

 今回、協業パートナーの1社であるGCT研究所が、Business Port Support Programを活用して、SaaS型ERP「Just-iS」(ジャスティス)の提供を開始する。協業パートナーとして初のアプリケーション提供になるという。

 Just-iSは、業務メニュー単位で業務サービスを自由に選択できるSaaS型のERP。これによりカスタマイズ費用がいらなくなるため、低価格で提供できるという。今回提供するのは、従業員の交通費申請、上長の承認、経理部門のチェック、振込精算という一連の業務をウェブ上で処理できるようする「自動旅費精算フロー」だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]