レッドハット、新しい製品サポートプラン「Extended Update Support」を発表

文:Matt Asay(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年12月22日 17時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red Hatのソフトウェアサポートは世界最高水準にあり、企業の最高情報責任者(CIO)から一貫して高く評価されてきた。しかし、Red Hatは米国時間12月18日、それに安住することなく、「Extended Update Support」という新しい製品サポートプランを発表した。手短に説明すると、Extended Update Supportによって、顧客は実運用システムをアップデートのために停止させる頻度が少なくなり、ミッションクリティカルなシステムをより長く稼働し続けることができるようになる。

 以下は同社声明より。

 Extended Update Supportでは、現在の安定性とデータセキュリティを損なうことなく、Red Hat Enterprise Linuxのアップデートリリースを最長18カ月に1回を基本とする。これにより、大規模なミッションクリティカルなシステムのサーバ管理コストを削減することができる。

 Red Hatが説明しているように、ソフトウェア企業の大多数が、6〜9カ月、最長でも12カ月に1回はマイナーな「ポイント」リリースを提供している。しかし、Red Hatは、Extended Update Supportを通じて、顧客がRed Hat Enterprise Linux(RHEL)の1つのビルドを業界平均の3倍に相当する最大18カ月間運用し続けられるようにする。これは、システムの停止時間が少なくなり、RHELで稼働しているソフトウェア群を再検証する必要性も少なくなることを意味する。

 これについて、The Registerは次のように見方を示している。

 Red Hatは、RHELのメジャーバージョンを7年間サポートすると約束しているが、メジャーバージョンの中のドットリリースは約6カ月ごとに変わっている。同社は、こうしたドットリリースにおいて、アプリケーションの互換性を保証している。これは、Linuxカーネルとアプリケーションがやり取りを行う実行環境に変更がないためだ。RHELの同じバージョンを使う限り、ドットリリースにセキュリティやバグのパッチなどがあっても、何カ月もかかるようなアプリケーションのテストや認定を行う必要がない。

 これはRed Hatの顧客にとって価値あるサービスであり、同社がサブスクリプションモデルを顧客ニーズに沿ったものにしようとしていることを示すものだ。同社は最新のライセンスを販売するのではなく、現行サブスクリプションの持続する価値を販売する。その価値を現実の顧客ニーズに合わせることで、サブスクリプションの更新を促している。今回の場合は、リスクを削減し、費用を節約するため、実運用システムの障害をできるだけ少なくするというニーズである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算