編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトの1月の月例パッチは1件

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-01-09 07:24

 Microsoftは2009年1月の月例パッチで、同社の主力製品であるWindowsに関する重大なセキュリティ問題を修正する、1件のセキュリティ情報を公開する予定だ。

 このセキュリティ情報の深刻度は「緊急」で、これはインターネット ワームがユーザーの操作なしで蔓延する可能性があることを意味している。

 Microsoftが発表した事前通知によれば、このセキュリティホールの深刻度はWindows 2000、Windows XP、Windows Server 2003で緊急となっている。

 Windows VistaおよびWindows Server 2008では、深刻度は「警告」に引き下げられている。

 技術的な詳細については、Microsoftが米国時間2009年1月13日にパッチをリリースするまでは公開されない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]