MS、ERP製品日本語版の新バージョンを発表--中堅ERP市場でシェア10%を目指す

藤本京子(編集部) 2009年01月29日 18時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは1月29日、ERP製品の新バージョン「Microsoft Dynamics AX 2009」日本語版を発表した。同製品の日本語版は、2007年6月に提供開始したバージョン4.0以来、2代目の製品となる。Dynamics AX 2009は、パートナー企業との連携の下、2月2日より提供する。

窪田氏 マイクロソフト 執行役専務 ゼネラルビジネス担当の窪田大介氏

 Microsoft本社では、1月22日に2009年第2四半期の業績を発表したばかり。その結果は芳しくないものだったが、マイクロソフト 執行役専務 ゼネラルビジネス担当の窪田大介氏は、「不況の中にあっても、Dynamics製品はMicsoroftのエンタープライズ向け製品の中で一番成長しており、絶好調だ」と話す。日本ではまだ提供開始から1年半しか経過していないが、すでに30社以上での導入実績があるという。

 新バージョンでは、「2007 Microsoft Office system」に導入されている「リボン」という新ユーザーインターフェースを採用したほか、ユーザーの役割別に必要な情報を早く引き出せる「ロールセンター」と呼ばれるテンプレートも提供する。また、要件に応じて業務フローを柔軟に構築できるワークフローエンジンや、マルチサイト機能、36カ国の国別要件にあった機能を提供する。さらには、コンプライアンスセンターや電子署名機能により、コーポレートガバナンスに即した業務プロセスの統制が可能になる。

 日本語版の提供開始から1年半で30社以上に導入され、それ以前の英語版の導入も含めると現在日本で約70〜80社にDynamicsが導入されているとのことだが、マイクロソフト Dynamics事業統括本部 部長 中西智行氏は「今後年間100社への導入を目指したい」と話す。

 「この製品は1社あたり2000万〜2500万円のライセンス契約になるため、100社導入が実現するとその売上は20億円から30億円となる。これが達成できると中堅ERP市場のシェア5%には入るだろう。この市場は競争が激しく、トップシェアを持つ製品でも全体の十数%のシェアしかない。マイクロソフトとしてはまず5%のシェアを目指し、最終的には10%まで持っていきたい」(中西氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化