編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2009年のERP市場は5年ぶりのマイナス、縮小傾向は2010年までは続く

吉澤亨史

2009-02-10 13:21

 矢野経済研究所は2月9日、ERP市場動向に関する調査結果を発表した。2009年は5年ぶりに市場が縮小すると見ている。

 2008年のERPパッケージライセンス市場は前年比7.1%増の1255億円と推計している。近年好調に拡大していたERP市場だが、急激な景気悪化により成長スピードが鈍化した。それでも2007年から2008年初頭段階の受注の消化分があったため、前年比増となった。

 2009年のERPパッケージライセンス市場は前年比2%減の1230億円と予測しており、ERP市場では5年ぶりの縮小となる。その理由として、当面景気が好転する兆しが見あたらず、ERP投資の規模縮小や凍結、先送りなどの増加が推測されるためとしている。

 市場縮小傾向は2010年まで続く見込み。ただし、基幹システムの重要性は高いため、他の投資分野と比較するとマイナス幅は小さいと見ている。生産性の向上やコスト削減など、経営体質を強化するためのIT活用ニーズが根強いことから、ITベンダーにとっては企業の戦略的な投資を引き出せるが重要なポイントとなり、「見える化」や「コンプライアンス」がキーワードとなると矢野経済研究所では予測している。

 この調査は、2008年10月から2009年1月にかけて、23社の国内ERPパッケージベンダーを対象に矢野経済研究所の専門研究員が直接面談して実施した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]