Windows Vista嫌いのユーザーがWindows 7を好きになる10の理由 - (page 2)

文:Deb Shinder(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-03-10 08:00

#4:ごちゃごちゃと肥大化していた状態が改善されている

 Vistaはおそらく、すべてのものをすべてのユーザーに、というMicrosoftの取り組みが頂点に達したものと言えるだろう。XPで提供されていた標準搭載のアプリケーションに加えて、Vistaでは連絡先アプリケーションやWindowsカレンダー、Windowsフォトギャラリーなども搭載されている。こういった無償アプリケーションを歓迎するユーザーもいる一方で、必要としていない、あるいは使うことのない「おまけ」を不快に感じているユーザーも数多くいる。Outlookの付属しているOfficeをインストールするのであれば、連絡先アプリケーションやWindowsカレンダーなど不要となるはずだ。また、Adobe Photoshopといった、よりパワフルでお気に入りのフォトレタッチアプリケーションがあるのであれば、Windowsフォトギャラリーも不要となるだろう。このようなおまけによって、[すべてのプログラム]メニューがごちゃごちゃし、ハードディスクのスペースも無駄に使われることになるのである。

 Windows 7において、こういったプログラムの多くは付属プログラムとして提供されるのではなく、無償ダウンロードが可能なプログラムとして、Windows Liveのウェブサイトで提供されるようになっている。このようにすることで、付属プログラムを必要とする人にはそれを提供しつつ、必要としない人にはそれを削除する手間を省いているわけである。

#5:起動が速い

 Vistaに関してよく耳にする不満として、起動に時間がかかりすぎるというものもある。起動時間の遅さは、システムを稼働させたままにしておく人々にとっては問題にならないだろう。しかし、毎晩コンピュータの電源を切る人にとっては、毎朝の起動をひたすら待つことになるため、大問題となるのだ。

 Microsoftの広報担当者が示唆したところによると、Windows 7における起動時間の目標は15秒であるという。一方、Vistaユーザーの4人に3人は、起動に30秒以上かかると述べている。Windows 7のベータ版ではほとんどのユーザーが15秒というこの目標をまだ体験できていないものの、私が聞いた範囲ではほとんどの場合、同じハードウェアであればVistaよりもずっと速く起動するという。また、私も同様の実感を得ている。Windows 7はまだベータ版であるため、このままチューンアップを続けることで、最終版の起動時間はさらに短縮されるということも期待できるはずだ。

#6:通知の有無をアプリケーションごとに指定できる

 XPやVistaでも、タスクバーの通知領域(システムトレイ)における通知(バルーンヒント)の表示を抑止することができる。しかし、一部のアプリケーションからの通知だけを受け取りたいという場合にはどうすればよいのだろうか?Windows 7では、アプリケーション毎に通知の表示/非表示を設定できるようになっている。この設定ダイアログボックスは、通知領域の左端にある小さな上向き三角をクリックした後、[カスタマイズ]を選択すると表示される。このダイアログボックスでは、アプリケーション毎に、通知領域におけるアイコンの表示/非表示や、通知の表示/非表示を設定できるようになっている(図A)。

図A 図A Windows 7では、通知領域における通知の表示をより細かく制御できるようになっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]