編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フォトレポート:絵で見る「Silverlight 3」ベータ版 - 2/7

文:ZDNet.com Staff 翻訳校正:編集部

2009-03-19 11:04

 MicrosoftはMIX‘09カンファレンスでAdobe Flashの競合製品である「Silverlight」の新しいベータ版を発表した。「Silverlight 3」ベータ版は、「H.264」ビデオフォーマットのサポートや検索エンジン最適化(SEO)の対応強化、新しいハードウェアベースのグラフィックスアクセラレーションとアニメーション機能が追加されている。  Silverlight 3のベータ版では、開発者とデザイナーは、新しくコードを記述することなくライブコンテンツを回転したり縮尺を変更したりできる3D平面にコンテンツを利用することができる。
 Silverlight 3のベータ版では、ビットマップにピクセルを書き込むことができるため、ユーザーは赤目を修正するフォトエディタを開発したり、スキャンされたドキュメントの編集を行ったりスクリーン上のエレメントからキャッシュされたビットマップに対する特別なエフェクトを作成したりすることができる。Microsoftによると、シェーダエフェクトには、ブラーやドロップシャドウが含まれているという。

 Silverlight 3のベータ版では、ビットマップにピクセルを書き込むことができるため、ユーザーは赤目を修正するフォトエディタを開発したり、スキャンされたドキュメントの編集を行ったりスクリーン上のエレメントからキャッシュされたビットマップに対する特別なエフェクトを作成したりすることができる。Microsoftによると、シェーダエフェクトには、ブラーやドロップシャドウが含まれているという。

提供:Microsoft

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]