編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

グーグル、開発者向けに「Chrome 2.0.177.1」をリリース

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一

2009-05-01 11:19

 Googleのオープンソースブラウザ「Chrome」の最新版を使っていて、私と同じように「Gmail」のスクロールバーがなくなったことを嘆いたユーザーはいるだろうか?しかしもう嘆く必要はない。Googleは開発者向けの最新版リリースでその復活を明らかにした。

 「Chrome 2.0.177.1」は開発者向けリリースチャンネルのDeveloper preview channelで提供されているバージョンで、ベータ版や正規版をリリースするチャンネルとは異なるため、誰もが利用するわけではない(「Chrome Channel Changer」をダウンロードすることで、開発者向けもしくはベータ版を提供するチャンネルに登録可能だが、正規版に戻すことを決めた場合は直ちにアンインストールしなければならないと警告されている)。

 新版では、たとえばAdobe Systemsの「Flash」などのプラグインをブラウザの再起動なしでインストールできるようになっている。その他の修正では、ウェブ音楽サービスLalaのサイトが利用できるように「V8 JavaScript Engine」がアップデートされている。

 Googleはまた、Chromeのマーケティング活動も続けている。Chrome発表時には概要を説明するChromeコミックブックを公開したが、これに続く形で米国時間4月29日に、クリエーターが制作したChromeにまつわる11本の動画を公開した。

 表面的なプロモーションでは飽き足らない人に向けて、Googleは Chromeエンジニアによる技術的説明をYouTubeで5本公開している。解説の長さは10分から28分だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]