編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Vista SP2」はどうなった?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-05-21 08:56

 Microsoftは“V”(「Windows Vista」)についてあまり語りたがらないようにみえるが、Vistaの動向を気にしているユーザーもいる。実際、数名の読者から、Microsoftはいつダウンロードセンターで「Vista Service Pack 2(SP2)」を公開する予定なのかという問い合わせを受けている。

 この質問に対して、Microsoftからの回答はない(以前「今年の第2四半期のどこか」と述べた以外は)。

 Microsoftは4月29日、Vista SP2の正式版のRTM版--と「Windows Server 2008 SP2」--をリリースしている。5月6日には、SP2をすぐに(おそらくは偶然に)MSDN、TechNet、Connectの会員に向けて公開した。先週後半には、TechNetとMSDNでVista SP2とWindows Server 2008 SP2の統合バージョンを公開している。

 だが、SP2正式版をダウンロードしたいと思っている一般ユーザーはどうなるのか?ある読者から、5月19日にダウンロードセンターで提供を開始する予定だという情報を得たが、現時点ではまだ提供されていない。

 いつSP2が一般公開されるのか--あるいは、どうしてダウンロードセンターにまだ登場しないのか--について、Microsoftに問い合わせたところ、次のような回答が返ってきた。「現在も第2四半期に提供するという予定に変更はないが、まだ開始していない」。

 それはわかったが、どうしてこんなに時間がかかるのか?すると、この代表者は、第2四半期は「以前から公式なリリース時期となっており、遅れているわけではない」と答えた。

 遅れている、遅れていないはともかく、どうなっているのか?SP2に入っている機能、バグ修正、セキュリティ更新(それに、Serverの場合はHyper-Vの統合)を心待ちにしているユーザーもいるのだ。

 アップデート:Vistaは先日、TIMEの「技術業界におけるこの10年最大の失敗、ワースト10」に選ばれていることもあり、Microsoftは時期をうかがっているのだろうか?それとも、ある読者が述べているように、MicrosoftはSP2の公開時期を遅らせることで、「Windows 7」へのアップグレードを促すメッセージと混乱しないようにしているのだろうか?

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]