編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

日本IBM、企業内クラウドの展開を管理するアプライアンス「CloudBurst」を発売

ZDNet Japan Staff

2009-06-18 16:23

 日本IBMは6月18日、主に企業内クラウド環境やデータセンターにおいて、ウェブアプリケーションやサーバの仮想化と配布を管理できるアプライアンスの新製品「IBM WebSphere CloudBurst Appliance V1.0」(以下、CloudBurst Appliance)を発表した。出荷は6月27日に開始される。

 CloudBurst Applianceを利用することにより、システム管理者はアプリケーションサーバの構成、アプリケーションの導入、ネットワークやパラメータの設定を事前に1度行っておくことで、その後の配布作業を自動的に行わせることができる。IBMによれば、CloudBurst Applianceを導入することで、従来1時間30分かかっていたシステム管理者の作業が、最短で約8分にまで短縮可能になるとしている。また、アプリケーション配布後のユーザーやグループのアクセス管理、利用状況のトラッキングといった管理タスクも実行できる。

 CloudBurst Applianceで展開可能なウェブアプリケーションサーバとして、同日に「WebSphere Application Server Hypervisor Edition V1.0」も合わせて発表された。同製品は、ハイパーバイザ上で動作し、仮想化環境での利用向けに最適化されたWASのイメージである。SUSE Linux Enterprise Server、IBM HTTP Server、WebSphere Application Serverの組み合わせで構成されており、VMware ESX 3.0.2、ESX 3.5またはESX3iをハイパーバイザとするx86サーバ環境で利用可能。仮想マシンの標準フォーマット規格であるOVF(Open Virtual Format)1.0に対応する。

 日本IBMでは、WebSphere CloudBurst Applianceの導入により、所有しているサーバ資産をより効率的に稼働でき、加えてライセンスの最適化、アプリケーションライフサイクル管理の効率化によって、仮想化環境の運用管理コストの削減が可能になるとしている。

 参考価格は、WebSphere CloudBurst Appliance V1.0が643万5000円(税別)。WebSphere Application Server Hypervisor Edition V1.0が254万6000円(税別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]