Symbian、初のオープンソースソフトウェアをリリース

文:Matthew Broersma(ZDNet UK) 翻訳校正:湯木進悟 2009年07月10日 06時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symbian Foundationは、モバイルOS「Symbian」を全面的にオープンソース化する計画における最初のステップとして、初のオープンソースソフトウェアパッケージをリリースした。

 Symbian Foundationは、Eclipse Public License(EPL)のもとでライセンスされる、オープンソースプラットフォームとしてのSymbian OSの開発を推進するため、Nokia、Motorola、Sony Ericsson、NTTドコモ、Texas Instruments、Vodafone、サムスン、LG、AT&Tによって、2008年6月に設立された。以前は、Symbian OSは、Symbian Foundationによるプロプライエタリなソフトウェアとして、開発が進められていた。

 Symbianの開発者であるCraig Heath氏によれば、Symbianは現地時間7月8日、EPLによって保護された初のパッケージ製品となる「OS Security Package」の形でリリースされた。

 Heath氏はブログへの投稿で、「OS Security Packageのソースコードが、ついにEPLのもとで提供開始となり、クローズドなSymbian Foundation License(SFL)から(中略)EPLへと正式に移行した初のパッケージ製品となっている」と記した。

 Heath氏は、OS Security PackageがEPLを採用しているため、Symbianのコードが法的に拠点としている、英国内の輸出に関する制限事項などもクリアできることになると語っている。

 「オープンソースソフトウェアは輸出に関する制限を受けないという意味で、『パブリックドメインの』ソフトウェア向けの免除が適用される。それゆえに、暗号化された全機能を幅広く提供するのを確実にする上で、SFLからEPLへの移行は最もダイレクトな手法である」と、Heath氏は記している。

 また、EPLへの移行は、オープンソースおよびセキュリティの両面で、いかにSymbianが「真剣に」取り組んでいるかを実証するものともなると、Heath氏は語った。次なるステップは、SymbianのチーフアーキテクトであるDaniel Rubio氏によれば、各コンポーネントおよびドライバが基本的なセットになる、Symbianカーネルのオープンソース化になるという。

 Rubio氏は「Board Support Package、ハードウェア部分、そして、当然ながら、無料で入手できるツールチェーンなど、完全なI/Oにおいてシェルを稼動させられる、他のあらゆるコンポーネントやドライバがセットになっていなければならない。良いニュースとしては、このすべてを現実のものとするため、短期間のスパンで、つまり、自分の中では、3カ月というスパンを念頭に置いて、真剣に取り組んでいるという点が挙げられる」と、ブログの投稿に記している。

 オープンソースへの移行に加え、Symbianは、「Symbian^2」の新名称でリリースされることになる新たなOSに、いくらか古いソフトウェアコンポーネントを統合する取り組みを進めている。新OSは、Symbian OSのバージョン9がベースとなり、「S60」「UIQ」「MOAP」の3種類のユーザーインターフェースの統合が図られる。今後数週間以内にベータテストが開始される予定であり、2010年前半にも搭載製品がリリースされてくる可能性がある。

 Symbianは3月、半年ごとに新バージョンのOSをリリースしていく計画があり、2009年半ばには「Symbian^3」の発表を予定していることを明らかにしていた。Symbianは、AppleのiPhone OS、GoogleのAndroid、MicrosoftのWindows Mobileなどに代表される、さまざまなモバイルOSとの競合を強いられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]