グーグル、第2四半期決算を発表--広告売り上げが好調

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟 2009年07月17日 08時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間7月16日、2009年第2四半期(4-6月期)の決算を発表した。オンライン広告業界には良いニュースとして、特定分野の広告売り上げが改善し、諸費用の削減などにも努めた結果、売上高は前年同期よりも増加している。

 Googleが「非常に好調な四半期」と評した2009年第2四半期は、(トラフィック獲得コストと呼ばれる)広告主への手数料を除外した売り上げが40億7000万ドルに達し、前年同期と比較して増加したほか、アナリスト予想をもわずかばかり上回った。

 今回の決算発表に際して、Googleの最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏は、景気回復への厳しい調整が続く中で、同社が今回報告した決算内容に大変満足しているとのコメントを発表した。Schmidt氏は「非常に困難な状況下において、当社は逆境にも強いということを、引き続き証明することができた」と語っている。最良の価格の製品を求めて、消費者がウェブに頼る傾向が高まり、広告売り上げが堅調であることを受けて、「Googleの事業は安定化する様相を呈している」と、同氏は述べた。

 とはいえ、Schmidt氏は、景気の回復期に関しては、現在も予測不能であるとの見解を示している。

 「景気回復の達成がいつになるかについて語るのは、まだ時期尚早である。(中略)わずか3カ月前には、景気が底を打つのはいつ頃になるかなど、まったく予測もつかなかったのだ」と、同氏は語っている。

 一方、すでに広告売り上げに関しては、ショッピングやトラベルといった特定の分野を中心に回復傾向が強まっているものの、金融業界などをめぐっては、厳しい状況も続いている。Schmidt氏は「現時点において、6カ月前に予想されていたような、下落の一途をたどるといった状況からは脱している」と述べた。

 2009年第2四半期のトラフィック獲得コストも含めた総売上高は55億2000万ドルとなり、前年同期比で3%増となった。広告主に支払われたトラフィック獲得コストは、広告売り上げの27%を占める14億5000万ドルとなった。こうした手数料を除くと、売上高は41億ドルとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算