編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

MS、欧州向け「Windows 7」でブラウザ選択画面を表示へ

文:Ina Fried and Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:吉武稔夫、湯本牧子、高森郁哉

2009-07-27 10:42

UPDATE Microsoftは米国時間7月24日、欧州向けの「Windows 7」ではユーザーが競合ブラウザを選択できるようにすると発表した。

 Microsoftは基本的に、消費者が「Internet Explorer(IE)」と競合するブラウザを簡単にインストールできるようにする手段をWindowsに組み込むことを提案している。PCメーカーは、もし望むなら、競合ブラウザをインストールして出荷し、IEを使えないようにしておくこともできるだろう。ただし、これは現在でも可能なことではある。

 Microsoftの法務担当者Brad Smith氏は、声明の中で次のように述べた。「われわれの新しい提案のうち、とりわけ重要なのは、デフォルトのブラウザとしてIEがプリインストールされたPCを購入する欧州の消費者が、『バロットスクリーン(ブラウザ選択画面)』を示され、希望するなら競合ブラウザをウェブから簡単にインストールできるようになることだ」

 2009年6月にCNET Newsが最初に報じたように、Microsoftはブラウザのバンドル問題に関して、Windows 7にはIEをバンドルしないという方針で、欧州連合(EU)の欧州委員会から出されていた異議告知書に対応しようとしていた。しかしEUは、そのような対応では懸念が十分に解消されない可能性があると示唆していた。

 欧州委員会は声明の中で次のように述べた。「今回の提案では、Windows 7はIEを含むことになる。だが、この提案は、ウェブブラウザの自由で有効な選択肢が消費者に与えられるべきだという原則を認識しており、Microsoftがそれを実現できると考える手段、すなわちバロットスクリーンも示している。加えて、(コンピュータメーカーが)競合するウェブブラウザをインストールしてデフォルトのブラウザとし、IEを無効にすることも可能だろう。当委員会はこの提案を歓迎し、今後は、消費者による純粋な選択を確保することに関して、その実効性を調査することになる」

 今のところMicrosoftは、EUがこの提案を承認するまで、欧州向けにブラウザを搭載しない「Windows 7 E」の出荷を続けることになるだろう、と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]