編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

レノボ、中小企業向けタワー型サーバを発表--ストレージは最大4.8TBに対応

冨田秀継(編集部)

2009-09-15 20:23

 レノボ・ジャパンは9月15日、大容量ストレージに対応する中小企業向けタワー型サーバ「ThinkServer TD200」「ThinkServer TD200x」を発表した。

 ThinkServer TD200と同TD200xは、Intel Xeon 5500番台を搭載、最大4.8テラバイトのストレージに対応する。また、全モデルでRAID構成に対応するほか、RDXテープストレージも搭載。データバックアップの環境として利用可能だとしている。

 ThinkServer TD200は、CPUとしてXeon E5502もしくは5540を選択できる。メモリは最大96GBまで搭載可能で、HDDは最大4テラバイトまで。対応OSはWindows Server 2008やNovellのSUSE Linux Enterprise Server 10などのサーバOSに加え、VMware ESX 3.0と同3.5、ESXi 3.5などの仮想化技術にも対応する。また、管理ツールとしてリモートでのサーバ管理をサポートするIMM(Integrated Management Module)を搭載。一部指定モデルではIMMの上位版のIMM Premiumも利用可能。

 ThinkServer TD200xは、CPUをXeon E5502もしくは5520、E5530から選択可能。メモリは最大128GBまで搭載でき、HDD容量は最大4.8テラバイトまで。対応OSはTD200と同様、各種サーバOSのほかVMWare ESX 3.0や同3.5、ESXi 3.5などの仮想化技術にも対応する。管理ツールとしてIMMも提供され、指定モデルではより高度なリモート管理が提供されるIMM Premiumも利用できる。

 レノボ・ジャパンは9月1日にも中小企業向けのラックマウントサーバ「ThinkServer RD210」「ThinkServer RD220」を発表していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]