マイクロソフト、「Office 2010」のパブリックベータ版を11月にリリースへ

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟

2009-10-20 06:50

 Microsoftは米国時間10月19日、「Office 2010」のパブリックテスト版を11月にリリースすると発表した。

 同社は7月、Office 2010の招待制のテクニカルプレビュープログラムをリリースしており、最終製品版のリリースは2010年に予定されている。また、ブラウザ版の「Office Web Apps」のテスト提供も9月に開始された。

 Microsoftは、SharePointのカンファレンスで今回の発表を行い、同じく11月にベータ版が提供されるポータルソフトウェアの次期バージョンの新機能なども明らかにした。

 新バージョンとなる「SharePoint 2010」には、Officeの「リボン」ユーザーインターフェースが含まれるほか、ビデオ、オーディオ、「Silverlight」へのサポートが強化されている。さらに、プログラマーは、今週中に第2ベータ版が提供される「Visual Studio」の次期バージョンを用いてSharePointのサイトの開発が可能となる見込みである。

 SharePointは、Microsoftの中でも急成長を遂げている大規模事業に位置づけられ、同社にとって重要な製品である。2008年にはSharePointによる売り上げが13億ドルを超え、前年比で20%増を記録した。

 同社最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏は声明で、「SharePoint 2010は、これまでのSharePointの中でも最大かつ最重要なリリースとなる。Microsoft Office 2010と共に用いられると、SharePoint 2010は、企業向けの単一のコラボレーションプラットフォームを越えて従業員のコネクティビティを強化し、大幅に作業効率を上げることができるだろう」とコメントした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]