編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

MS、マルウェア対策製品「Forefront Protection 2010 for Exchange Server」をリリース

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:佐藤卓、高橋朋子

2009-11-10 11:22

 Microsoftは、ベルリンで開催中のTech・Ed Europe 2009カンファレンスで現地時間11月9日、新しいマルウェア対策製品「Forefront Protection 2010 for Exchange Server」のリリースを発表した。

 Microsoftはまた、「Forefront Online Protection for Exchange」の提供開始も発表した。これは企業顧客向けに、Microsoftがセキュリティソリューションのホスティングを手がけるサービスだ。

 Forefront Protection 2010 for Exchange Serverは、Microsoftと他の複数のパートナー企業によるマルウェア対策エンジンを組み込んでいる。それにより、従来の38倍の速さでマルウェアを検出し、スパムメッセージの受信数を25万通に1通にまで減らすことを実現したと、Microsoftのインフラストラクチャ部門で上級製品マネージャーを務めるJoel Sider氏は述べている。

 また、「Microsoft Exchange Server」との統合によりメッセージとドキュメントの同時スキャンが可能になったほか、「Active Directory Rights Management Services」を用いた情報保護機能を備えることで、電子メールやドキュメントの使用方法や受信者について、ユーザーやIT管理者がこれまで以上に制御できるようになったと、Sider氏は説明している。

 今回の発表は、Microsoftの電子メールおよびコミュニケーションサーバの次期版「Microsoft Exchange Server 2010」のリリース発表と併せて行われた。

 その一方で、Microsoftは10月、Windowsデスクトップ用の「Forefront Endpoint Protection 2010」のリリースを2010年後半に延期すると発表している。

 Microsoftは、2010年中には「Forefront Protection Suite」(開発コード名「Stirling」)の全製品をリリースする予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]