編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コーセー、人事給与システムを刷新--2007年来のオープン化プロジェクト完遂

冨田秀継(編集部)

2009-11-12 19:44

 化粧品の製造販売大手コーセーは、東芝ソリューションの人財管理ソリューション「Generalist」を採用し、2009年7月末から稼働を開始させた。設計から稼働開始まで1年3カ月をかけ、コーセーのグループ社員8000人を対象にしたシステムを構築した。11月12日、東芝ソリューションが発表した。

 新人事給与システムでは、これまで個別に運用管理していた人事および給与の両システムを統合し、業務の効率化と運用コストの低減を図った。また、一般社員、美容スタッフ、グループ会社の従業員、アルバイトなど、グループ内の人材情報を一元的に管理可能になった。こうした管理業務の標準化に加え、グループ全体での最適な人材配置、有効な人材育成を実現する情報基盤を確立したという。

 また、新システムは人事給与の業務に限らず、人材評価や考課、人材育成領域への展開など、将来の展開を考慮した柔軟なシステムを構築したとしている。

 コーセーは、2007年からダウンサイジングによる運用コストの低減と、オープン系への移行によるシステムの柔軟性向上を目的として、ホストコンピュータの「オープン化プロジェクト」を発足させていた。今回の人事給与システムの刷新は、その一環であり、同システム導入によってプロジェクトが完了した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]