編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、「Office 2010」ベータ版を開発者向けにリリース

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟

2009-11-17 08:40

 今週中のリリースが予想されていた「Office 2010」ベータ版が、「MSDN」および「TechNet」開発者プログラム向けに提供が開始された。

 パブリックユーザー向けの提供も11月中に開始されると予想されており、Office開発部門幹部であるKurt Del Bene氏がロサンゼルスで開催中のProfessional Developer Conference(PDC)において、米国時間11月18日の基調講演でこれを発表すると見込まれている。

 ZDNetのMary Jo Foley氏が指摘しているように、すでにMicrosoftはパブリック向けにベータ版のダウンロード専用ウェブページを準備しているが、現時点ではダウンロードリンクをクリックしてもまだベータ版の提供は開始されていないと伝えるメッセージが表示されるのみである。

 Office 2010のベータ版では、デスクトップアプリケーションに加えて、ブラウザ版の「Office Web Apps」も提供されるようである(とはいえ、まだ筆者は本件に関する詳細を確認していない)。

 また、PDCでは他にも、MicrosoftのクラウドベースのOSである「Windows Azure」の正式ローンチや、SeadragonおよびLive Labsの開発チームからのデモンストレーションなどが行なわれると期待されている。

 Microsoftはすでに、PDCにおいて複数の発表をしている。同社は16日、「.Net Micro Framework」をオープンソースコードとして提供する方針を明らかにした

 しかしながら、同フレームワークのTCP/IPスタックおよび暗号化機能という2種類のパーツに関しては、オープンソースではリリースされないという。MicrosoftのPeter Galli氏は、今後も同社がコミュニティーとともに.Net Micro Frameworkの開発に関わっていく計画であることを、ブログへの投稿で発表している。

Office 2010のベータ版ダウンロード専用ページ画像 提供:CNET News

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]