Gumblarウイルスが再び猛威、被害の53%は企業サイト--セキュアブレイン調べ

吉澤亨史 2009年11月19日 18時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュアブレインは11月18日、「セキュアブレイン gred セキュリティレポート Vol.4」を発表した。

 このレポートは、セキュアブレインが運用する無料のウェブセキュリティサービス「gredでチェック」で収集した情報を基にセキュアブレイン先端技術研究所が分析したもの。今回は10月の結果をまとめている。

 レポートによると、「危険」と判断されたウェブサイトの件数は前月比18.1%増の3621件となった。統計開始から6カ月連続で増えている。このうちフィッシング詐欺(1655件:前月比21.0%増)と不正改ざんサイト(885件:同127.5%増)、不正プログラム(219件:同26.6%増)の検出件数が、それぞれ最高値を記録した。

 悪質なウェブサイトの傾向を見ると、6月にウェブサイトの改ざん被害が大量に発生したGumblar/JSRedir-Rウイルスの報告が急増した。新たな手法を使って攻撃を開始したことが原因とみている。Gumblar/JSRedir-RウイルスはFTPサーバのIDやパスワードを収集、悪用してサイトを改ざんし、感染する。

 新たに確認された攻撃手法は、大きく2つ。ひとつは、ウイルスに感染させる機能を持たせるために、サイトに感染用の悪意のある難読化されたスクリプトファイルをアップロードするというもの。もうひとつは、アップロードされたスクリプトファイルを自動的にダウンロードおよび実行させるというものだ。2つの手法は同時に実行されることもある。

 セキュアブレインによると、改ざん被害を受けたウェブサイトの内訳は企業が53%、個人が33%、学校が1%という。過去にGumblarウイルスによる改ざん被害を受けたサイトが、FTPサーバのIDやパスワードを変更していないなど、適切な対処をとらなかった場合、再び悪意のスクリプトを埋め込まれる可能性がある。

 フィッシング詐欺サイトについては、一般的なフィッシング詐欺が49%、医薬品・サプリメント販売が30%、偽ブランド品販売が11%となっている。特に、薬品やサプリメントのネット販売を装い、クレジットカード番号等の個人情報を収集するフィッシング詐欺サイトが急増していることから、注意が必要としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算