編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

普通のおじさんコリン・パウエル氏のデジタル体験談 - (page 2)

藤本京子(編集部)

2009-11-21 15:29

 「私はサインアップした覚えなどない! 誰かが勝手にやったとはプライバシーの侵害だ、訴えてやる!」と憤慨した同氏だが、「もう1万7000人のファンがついているよ」と孫に言われ、その状況を受け入れたという。

 また、「ネット上にはあらゆる情報が流れている」と実感することも多いとPowell氏。「パーティーに行くと、みんなその場でTweetとかいうものをしているようだ。私が部屋を歩いているだけで、『Powellが誰々を無視した』などと書かれている」。こうした状況を通じて、「TwitterやSNS、そしてSalesforce.comが発表したSalesforce Chatterなどのツールが世界を変えていくことを日々学んでいる」とPowell氏は述べた。

「このようなツールをみんなが使うようになり、すべての生活と関連づけられるようになれば、技術のパワーが見えてくる。Salesforce.comやGoogleなどの企業は、この10年ですばらしい世界を作り上げた。いろんな製品やサービスが出てくる時、最初は何のために存在するのかわからないかもしれないが、これを使って世界をいかによりよくできるか考えてほしい」(Powell氏)

 なおPowell氏は、Time誌で「優雅に年を取ったアメリカ人男女5人」の1人に選ばれた人物でもある。その後AOLにて5人の順位を決める投票があったそうだが、「30個の新しいスクリーンネームを作って自分に投票した」という同氏なりのデジタル活用法も会場で公表した。結果は残念ながら2位に終わったそうだが、1位がPaul Newman、3位がRobert Redfordと、大物ハリウッドスターの中間に入ったことで、「まぁ彼らの間なら悪くないかな」と納得したそうだ。

Powell氏公演後も観客は皆スタンディングオベーションでPowell氏を見送った

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]