編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

BIND 9にDNSキャッシュポイズニンングを実行される脆弱性

吉澤亨史

2009-12-03 15:15

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月2日、DNSセキュリティ拡張(DNS Security Extension:DNSSEC)を有効にしているBIND 9において、再帰的なクライアントクエリを処理する際に脆弱性が存在すると公表した。

 開発元のISCによると、DNSSECを有効にしているネームサーバで、DO(DNSSEC OK)ビットとCD(Checking Disabled)ビットの双方がセットされた特殊なDNS問い合わせパケットにより、当該のキャッシュDNSサーバ(named)にDNS反復検索をさせた場合、DNSに偽の応答を返させて別のIPアドレスに誘導するキャッシュポイズニング攻撃が可能になるという。

 この脆弱性が悪用されると、リモートの攻撃者にDNSキャッシュポイズニンングを実行される可能性がある。影響を受けるバージョンは、9.0.x、9.1.x、9.2.x、9.3.x、9.4.0から9.4.3-P3、9.5.0、9.5.1、9.5.2、9.6.0、9.6.1-P1。該当するバージョンを使用しているユーザーは、9.4.3-P4、9.5.2-P1、9.6.1-P2にバージョンアップするよう呼びかけている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]