フォトレポート:インテルの48コアプロセッサ「Single-chip Cloud Computer」 - 5/8

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2009-12-03 15:03

 Intelは米国時間12月2日、「Single-chip Cloud Computer(SCC)」プロセッサを発表し、デモを行った。SCCプロセッサは48コア(24のデュアルコアの「タイル」)で、これらは高速メッシュネットワークに接続されている。Intelは、2010年に少なくとも100個の実験用チップを研究者に配布予定で、これによって、マルチコアシステムとソフトウェアデザインへの新たな取り組みにつなげたい考えだ。同社の野心的なマルチコアアプローチによって、コンピュータはいずれ、人間の視覚や言語能力に匹敵するほどの作業能力を持つようになると、Intelは考えている。
 SCCチップの各ノードには、2個のx86コアがあり、それぞれが専用のメモリキャッシュを備えている。これらを外部と接続しているのは、チップ上のネットワークを扱うルータ回路だ。プロセッサはこのネットワークによって、4つのDDR3メモリバンクのどれとでも、情報のやり取りや通信ができるようになっている。

 SCCチップの各ノードには、2個のx86コアがあり、それぞれが専用のメモリキャッシュを備えている。これらを外部と接続しているのは、チップ上のネットワークを扱うルータ回路だ。プロセッサはこのネットワークによって、4つのDDR3メモリバンクのどれとでも、情報のやり取りや通信ができるようになっている。

提供:Intel

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]