FTC、インテルの独禁法調査でエヌビディアからも事情聴取--BusinessWeek報道

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2009-12-04 16:15

 Intelのビジネス慣習について調査を続けている米連邦取引委員会(FTC)は、NVIDIAからも話を聞いている。

 米CNETが以前報じたように、NVIDIAはIntelのビジネス慣習について何年も前から声高に不満を訴えている。Intelは11月、長引いていた同社に対する独占禁止法違反訴訟で和解を成立させるため、Advanced Micro Devices(AMD)に12億5000万ドルを支払うことに合意した。

 FTCはIntelのビジネス慣習の件で、AMDの調査に加えて、NVIDIAにも接近した。本件に詳しい情報筋によると、今回はグラフィックスチップ市場が調査対象になっているという。NVIDIAの広報担当はコメントを控えた。このNVIDIAに関連する調査は、BusinessWeekが報じた

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]