編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

EMCジャパンとデータドメイン、データ重複除外分野において日本市場での協業を開始

ZDNet Japan Staff

2009-12-07 18:49

 EMCジャパンとデータドメインは12月7日、バックアップ手法である「データ重複除外」の市場において、日本でも本格的な協業を開始すると発表した。

 米EMCは、2009年7月に米Data Domainを買収し、データ重複除外製品のポートフォリオをを拡充した。「重複除外」(De-Duplication)技術は、データを蓄積する際の効率性が高く、バックアップに要する時間の削減、コスト削減効果が高いとされ、米国を中心に市場が拡大しているという。

 EMCでは、重複除外技術を中心とするディスクベースバックアップ、リカバリ、アーカイブソリューションを総合的に開発し、市場への提供を推進するため、データドメインを中核に、EMCの旧BuRA(Backup, Recovery&Archives)事業部を統合した新部門「バックアップ・リカバリ・システムズ(BRS)」を開設。この部門において、同技術を取り込んだ製品の開発、市場投入を行っていくという。

 EMCジャパンとデータドメインは、販売活動を行う上で連携し、「EMC Avamar」および「EMC Data Domain」の2つの製品をユーザーの要望に合わせて提案していくとしている。なお、日本におけるデータドメイン製品は、引き続きデータドメインの販売代理店を通じて提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]