編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

インテル、2009年の10大ニュースを発表

藤本京子(編集部)

2009-12-17 16:38

 インテルは12月16日、記者向け説明会にて2009年の活動を振り返り、同社にとっての2009年10大ニュースを発表した。以下がインテルの2009年の出来事だ。

  • インテル Xeon プロセッサー 5500番台の発表(4月)
  • インテル WiMAX/WiFi Link 5150通信モジュールにより、WiMAX内蔵PCが登場(6月)
  • 新規製造プロセス32ナノメートルへの投資と(2月)、次世代の22ナノメートルプロセスに基づくSRAMの公開(9月)
  • インテル vPro テクノロジー対応ソリューションが30以上に拡大(9月)
  • 34ナノメートルプロセスに基づくインテルSSD製品を発表(7月)
  • インテル Core i5 プロセッサー発表(9月)
  • インテル Atom プロセッサー新製品6種の発表と、さまざまな組み込み製品への対応(3月)
  • ノートPC向けにインテル Core i7プロセッサー発表(9月)
  • 48コアのシングルチップクラウドコンピュータを公開(12月)
  • UQ WiMAXサービスの開始(6月)
Intel インテル 取締役副社長 宗像義恵氏

 中でもCore i7およびi5は、Nehalemマイクロアーキテクチャをベースにしており、インテル ターボ・ブースト・テクノロジーやインテル ハイパー・スレッディング・テクノロジーが備わっている。これら製品の登場で、「優れた性能がメインストリームPCにも適用されることになった」と、インテル 取締役副社長の宗像義恵氏は述べている。

 また、新しい低電力版プロセッサの登場により、高いパフォーマンスとバッテリーの駆動時間の延長が実現、「モバイルサブノートPCの普及につながった」と宗像氏。さらに、WiMAXサービスの開始とWiMAX機能内蔵のノートPCが登場したことで、「ストレスのないモバイル環境が実現した」としている。

 ビジネス向けプラットフォームのvProについては、「これまでユーザー側ではイメージがつかみにくい、またパートナー側は販売しにくいと言われていた」と明かす。そこで、TCOの削減と消費電力の削減というメッセージをわかりやすく打ち出す方針をとったという。合わせて、対応ソリューションが30以上登場したことにより、「病院や教育機関などでも使われるようになった。今後もvProには新機能が登場予定で、パートナーとソリューションを一緒に開発し、より幅広く普及させたい」(宗像氏)という。

 最後に宗像氏は、2010年について「Coreプロセッサファミリの拡充と、Windows 7によるPC市場の活性化に貢献したい。今後もシリコンの革新を通じて、人々の生活と仕事を豊かにする製品を展開する」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]