編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

サイバーエージェントのセキュリティ啓蒙ブログパーツが改ざん、ウイルス感染の恐れ

永井美智子(編集部)

2010-01-08 10:48

 サイバーエージェントは1月7日、ブログサービス「Ameba」(アメブロ)において提供していたブログパーツ「『Norton Police City in Ameba』容疑者捜査ブログパーツ」が改ざんされたと発表した。このブログパーツを掲載しているウェブサイトを閲覧したユーザーがウイルスに感染する恐れがあるという。

 このブログパーツは、サイバーエージェントとシマンテックがセキュリティ意識の啓蒙を目的として共同で開設したキャンペーンサイト「ノートン警察」で配布していたもの。シマンテックのノートンセキュリティソフトのイメージキャラクターである中川翔子さんを起用し、中川さんの「ギザ」を狙う犯行グループの捜査情報がチェックできるという内容だった。

 サイバーエージェントによると、同社委託の制作会社が運営管理するサーバが12月26日23時15分に不正アクセスを受け、ブログパーツのファイルが改ざんされたことが原因という。ブログパーツは1月6日に利用停止した。なお、シマンテックおよび中川さんが所属するワタナベエンターテインメントはこのブログパーツの作成や管理に関して一切携わっていないとのことだ。

 このブログパーツを掲載しているサイトを閲覧したユーザーがウイルスに感染している可能性があることから、サイバーエージェントではウイルス対策ソフトを最新の状態にしてウイルススキャンを実施するよう呼びかけている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]