編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シスコ、ヴイエムウェア、ネットアップがクラウドセキュリティで提携

2010-01-26 15:33

 Cisco Systems、VMware、NetAppが米国時間1月26日、マルチテナント型の安全なクラウドデータセンターの提供に向けた新しいアーキテクチャで提携した。このたび明らかになった「Secure Multi‐tenancy Design Architecture(SMDA)」は3社の既存製品を利用しながら、顧客や業務部門によって異なるIT資源やアプリケーションを同一のクラウンドインフラ上でそれぞれ独立して稼働させる機能を持つという。Ciscoのスイッチングシステム「Cisco Nexus」シリーズ、 「Cisco Unified Computing System」、NetAppのパーティショニングソフトウェア「MultiStore」を稼働するストレージシステム「FAS」シリーズ、VMwareのクラウド用OS「VMware vSphere」、セキュリティ仮想アプライアンス「VMware vShield Zones」をベースにする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]