必携のAndroidアプリケーション10選 - (page 2)

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-02-01 07:00

#4:FeedR News Reader(無償)

 FeedR News Readerはアプリケーションとしても、ウィジェットとしても動作するRSSリーダーである。筆者は理想的なRSSウィジェットというものを探し求めてきたが、これまでのところFeedR News Readerがベストであると感じている。FeedR News Readerでは、あらかじめ用意されている一連のフィードを設定したり、自分のお気に入りのフィードを追加したりすることができる。また、このアプリケーションは、本当の意味での自動更新を実現している点で同種のアプリケーションよりも抜きん出ている。他の多くのフィードリーダー(特にウィジェットのもの)は、ユーザーが更新操作を行わないといけないようになっている。これに対してFeedR News Readerはすべての更新をバックグラウンドで処理するようになっており、ユーザーの操作を必要としない。

#5:Advanced Task Killer($4.99)

 Advanced Task Killerは、使わずに済めばそれに越したことはないものの、必要とする時もあるという類のアプリケーションである。筆者は、不要なアプリケーションがバックグラウンドで稼働し続けていることに気付いたことが何度かある。こういったアプリケーションの稼働により、バッテリの消耗が早まったり、アプリケーションのロードや実行が遅くなったりすることになる。Advanced Task Killerを使用することで、複数のアプリケーションの実行終了(kill)が1クリックで行えるようになる。またこのアプリケーションには、リストとして追加しておいたアプリケーションの実行終了を抑止するignore list(無視リスト)機能やウィジェット版、長押しによってメニューを表示する機能も搭載されている。

#6:Exchange By TouchDown(デモ版は無償)

 Exchange By TouchDownは、Android携帯端末からMicrosoft Exchangeサーバに接続するための優れた手段となる。Exchangeサーバへの接続性は卓越しており、開発者からのサポートも素晴らしいものとなっている。また、このアプリケーションには無償のデモ版が用意されている。このデモ版はインストール後5日間の試用が可能となっており、その後はデモモードに戻るようになっている。デモモードに戻らないようにするにはキーを購入することになる。ただし、このキーはデモ版のロックを解除するためのものでしかないため、必ず先に無償版をインストールしておく必要がある。Android携帯端末からExchangeサーバに接続したい人にとって、このツールは打って付けのものとなるだろう。

#7:ConnectBot(無償)

 ConnectBotはAndroid携帯端末上で動作するオープンソースのSSHクライアントである。このクライアントでは複数のSSH同時接続を行ったり、アプリケーション間でコピー/ペーストを行ったりすることができ、Ctrlキーを用いたショートカットも使用することができる。ただし、Android MarketにおけるConnectBotのページには、HTC Heroでこのクライアントを使用した際のバグに関する記述がある。このバグは、今後予定されているHTC Heroのアップデートによって解決されるはずであるため、HTC Heroユーザーはそれを待ってからこのアプリケーションを使用するようにした方がよいだろう。HTCには早急に2.0のアップデート版をリリースしてくれるよう望みたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]