編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本IBM、電力効率を高めたブレードサーバ--同一電力量で約1.7倍のVMを稼働可能に

ZDNet Japan Staff

2010-02-10 14:52

 日本IBMは2月10日、従来製品と比較して消費電力を約1割低減するとともに、搭載メモリ容量を1.5倍に拡張したことにより、電力量当たりでは従来の約1.7倍の仮想マシンを稼働できるブレードサーバ「IBM BladeCenter HS22V」を発表した。

IBM BladeCenter HS22V IBM BladeCenter HS22V

 同製品では、内蔵ディスクに半導体ドライブ(SSD)を採用することで、ディスク稼働における消費電力を75%削減。さらに、ハードウェアおよびファームウェアを改良し、独自技術による電源制御機能「xSmartEnergyコントロール」を新たに搭載し電力効率を向上させることで、全体では約1割の消費電力削減を行っている。

 また、従来の1.5倍にあたる144Gバイトのメモリを搭載したことで、稼働できる仮想マシンの数も増強された。これらにより、仮想マシン当たりの電力量は従来の約60%に削減され、電力量当たりでは従来の約1.7倍の数の仮想マシンを稼働させることが可能になったとしている。

 日本IBMでは、IBM BladeCenter HS22Vを「データセンターにおいて供給電力の上限によりサーバの増設が困難になっている」ユーザーに最適な製品としている。

 価格は、最小構成の42万円より。出荷開始は3月19日。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]