編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ユニアデックス、「x86 Solaris」搭載IBMサーバ販売--24時間365日の一括保守も

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-18 13:06

 ユニシス子会社のユニアデックスは1月18日、日本IBMのx86サーバ「IBM System x」「IBM BladeCenter」に米Sun MicrosystemsのOS「x86 Solaris」を搭載した製品群を販売し、国内で初めてというハードウエアとソフトウエアの双方に対する24時間365日の一括保守サービスを、3月1日から開始すると発表した。

 ユニアデックスによれば、Solarisの既存ユーザー企業は、これまでのアプリケーション資産や運用管理担当者の技術資産を無駄にすることなく、System xやBladeCenterとSolarisを組み合わせ、利用することが可能になる。同時に、既存のSolarisのアプリケーション資産や運用管理スキルを継承できることから、人件費を含めた初期投資を抑制できるという。既存のIBM x86サーバユーザー企業にとっても、一括保守サポート付きで Solarisを利用できると、そのメリットを強調している。

 Solarisには、仮想OS環境を作る「Solaris コンテナ」や次世代ファイルシステム「ZFS」など可用性や効率性、拡張性、堅牢性を高めるための機能が標準で含まれており、将来のサーバ統合やプライベートクラウド構築を見据えたユーザー企業の選択肢を広げるとしている。

 IBM x86サーバとSolarisの組み合わせに対する一括保守は、国内初という。ユニアデックスの全国約180カ所、24時間365日の保守体制で提供する。ユニアデックスは、ユーザー企業はx86プラットフォームの汎用性とコストパフォーマンスを生かしつつ、柔軟性の高いシステム構築と障害発生時の切り分けなど、保守に関わるコストの低減を含めた総所有コスト(TCO)の削減につながり、運用面での利便性が向上するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]