オラクルのサン買収:UNIXと共に歩んだ両社の昔話

横山哲也(グローバル ナレッジ ネットワーク) 2009年04月21日 10時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 久々の大ニュースが飛び込んできた。OracleがSun Microsystemsを買収するというのだ。このことがそれぞれの企業にどんな意味があるのか、あるいはIT業界全体にどのような意味を持つのかは別の記事に任せるとして、ここではOracleとSun Microsystemsを含めた昔話をしてみよう。

UNIXと共に歩んだサン・マイクロシステムズ

 Sun Microsystemsの歴史はUNIXと共にあった。Sunという名称はStanford University Networkに由来する。スタンフォード大学構内のネットワーク用ワークステーションを開発したのが始まりだ。

 Sun Microsystems設立時にはカリフォルニア大学バークレイ校(UCB)でUNIXを開発していたBill Joyを招いた。Joyは、UNIXの標準エディタ「vi」やコマンドインタプリタ「Cシェル」(csh)の開発で有名である。viは特異なコマンド体系により初心者を寄せ付けない面もあるが、慣れれば極めて効率よく編集できる優れたエディタである。筆者も一時はvi派だった。

 Sun MicrosystemsはUNIXに対する貢献を続けた。ネットワーク認証システムであるNIS(当初はYellow Pageと呼ばれていた)や、ネットワークファイルシステム(NFS)もSunが開発し、ライセンスしたものである。

 研究者を中心に広く使われていたBSD系UNIXを、System V系と統一したことも評価されるべきだろう(実体はSystem Vに切り替えて、BSDの機能を一部追加した)。SunがBSDからSystem V系のUNIXに切り替えたことで、業界の流れはBSDからSystem Vに一気に変わったように記憶している。

Javaがもたらした無償の「利益」

 Javaについてはどうだろう。

 そもそも言語仕様は著作権などで保護されない。Java仮想マシンも無償公開されている。独自実装だったMicrosoft Java VMは契約違反で提訴され、結局MicrosoftはWindowsからJava VMを取り除いた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算