編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Hyper-VもXenDesktopも高すぎるし管理性も低い」--ヴイエムウェア

藤本京子(編集部)

2010-02-17 18:59

 ヴイエムウェアは2月17日、アジアパシフィック地域 プロダクトマーケティングスペシャリスト Steven Gross氏の来日に伴い製品説明会を開催、サーバ仮想化とデスクトップ仮想化の両分野で競合となる製品に対するVMware製品の優位性を語った。

 まずGross氏は、サーバ仮想化の分野で同社のvSphereとMicrosoftのHyper-Vを比較し、「Hyper-VはまだvSphereより何年も遅れている」と述べた。

VMware VMware プロダクトマーケティングスペシャリストのSteve Gross氏

 「Hyper-VがvSphereに並んだというが、それはHyper-V R2がLive Migration機能に対応したに過ぎない。この機能は、VMwareでは昔から提供していたものだ。また、Microsoftは仮想化環境の統合管理製品System Center Virtual Machine ManagerでHyper-VとvSphereの両方を管理できると主張しているが、実際には電源のオンオフや仮想マシンの移行のみにしか対応しておらず、その他の管理はvSphereを使わなくてはならないのが現状だ」(Gross氏)

 またGross氏は、Hyper-Vが無料だとしながらも、同製品に対応する管理ツールが値上げされる予定であることに触れ、Hyper-Vの価格優位性がより低くなるとした。さらに、「実際にソリューションのコスト分析をすると、VMwareの最も高価格帯の製品を利用した場合でも、仮想マシンが1台だけの場合であればMicrosoft製品と価格は並ぶが、2台以上の場合はMicrosoftよりわれわれのソリューションが安価になる」としている。

 「MicrosoftがHyper-Vで実現しようとしているのはサーバ統合のみ。それはVMwareが10年に渡ってすでに実現してきたことだ。コスト面や互換性などを考えても、Hyper-Vを選択することで受けられる恩恵は少ない」(Gross氏)

 一方のデスクトップ仮想化の分野では、VMware Viewと競合であるCitrix XenDesktopが比較対象となることが多いが、Gross氏は「VMware Viewはすでに100万ライセンス以上販売されており、最大の競合であるXenDesktopの2倍以上の導入実績がある。ViewはVMwareの持つさまざまな技術をデスクトップ仮想化に向けて1から開発したもので、単に既存の製品をデスクトップ仮想化にあてはめようとした製品とは訳が違う」と話す。

 XenDesktopについてGross氏は、「Viewの3倍複雑で、2倍のコストがかかり、半分のソリューションしか存在しない」と説明する。その理由として同氏は、「導入にあたってのステップが、VMwareでは4ステップで済むのに対し、XenDesktopでは15ステップも必要。管理ツールもXenDesktopでは複数の統合されていないコンソールを使う必要があるが、Viewではウェブベースの単一管理コンソールのみ。また、1万ユーザーをサポートするために必要となるサーバ数が、XenDesktopはViewの2倍にもなる。しかも、ソフトウェアのライセンスそのものもXenDesktopが30%高価だ」と述べ、この分野でもVMwareが競合を寄せ付けないとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]