編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

企業向けFacebook--Software AG、BPMのための「ARISalign」を公開

冨田秀継(編集部)

2010-03-03 16:57

 ドイツに本社を置く企業向けソフトウェアベンダーのSoftware AGは3月2日(現地時間)、ドイツ・ハノーバーで開催中のIT見本市「CeBIT 2010」で同社初のクラウドソリューション「ARISalign」を発表した。ビジネスプロセス管理(BPM)にかかわるプロジェクトをクラウド上で共有可能で、同日よりオープンベータ版の提供を開始している。

 ARISalignは、Software AGがAmazonのクラウドサービス「Amazon Web Services」(AWS)上に構築したSaaS型BPMプラットフォーム。ARISalignでメンバーとプロジェクトを共有し、議論やブレインストーミングを行える。またFlashベースのモデリングエディタや、プロセス・モデリング・ツール「ARIS Express」を活用して、プロセスモデリングを共同で進めることも可能。

ARISalignのトップ画面(クリックで拡大画像を表示) ARISalignのトップ画面(クリックで拡大画像を表示)

 Software AG取締役兼Chief Product OfficerのPeter Kürpick氏が「ARISalignは、私達にとっての企業向けFacebook」とコメントしているとおり、ARISalignの特徴は「リアルタイムコラボレーション」と「ソーシャルネットワーク」にある。コラボレーションという点では、オンラインホワイトボードやオンライン付せん機能を活用して、ARISalign上でビジネスプロセスに関するブレインストーミングを行うことが可能。ソーシャル面では、組織内外の人物とARISalign上で繋がることで、さまざまなナレッジの共有、アイデアの議論などが可能。同社では「BPMに関心を持つすべての人に対してグループへの参加と議論を促進します」としている。

オンラインホワイトボードを使えば、ビジネスプロセス案をリアルタイムで構築できる(クリックで拡大画像を表示) オンラインホワイトボードを使えば、ビジネスプロセス案をリアルタイムで構築できる(クリックで拡大画像を表示)

 ARISalignは、CeBIT 2009で発表され、クローズドベータとして提供されていたAlignSpaceの名称を一新したサービス。なお、Software AGは現在開催中のCeBITにも出展しており、開催前日には戦略説明会を開催し、「BPMはERPより巨大な市場になる」との見解を示している

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]