Software AG、webMethods 8.0を発表:業務部門とIT部門の緊密な連携を支援

ZDNet Japan Staff

2009-06-29 18:26

ソフトウェア・エー・ジーは「webMethods 8.0」を発表した。企業のオープンアーキテクチャーと既存インフラへの投資を活かし、プロセス改善およびシステム統合の時間とコストを削減、ITとビジネスのコラボレーションでエンドユーザーの生産性向上に寄与するとしている。

 webMethods 8.0は、SOAとプロセス改善のイニシアチブを連携させる統合ビジネスサービスリポジトリ(BSR)を採用。これにより、プロセス改善、システム統合、パートナー企業との連携に要する時間とコストを削減できるとしている。

 webMethods 8.0では「システム間連携とパートナー企業との連携」「プロセスの自動化と改善による迅速な価値の提供」に重点を置いた製品。

 また、新機能として「CentraSite ActiveSOA」が提供される。これは、統合BSRによってビジネスプロセスマネジメント(BPM)とSOAが独自の手法で連携する機能。業務部門と情報システム部門の双方に対して、即座に再利用、変更管理などが提供される。

 これまで、企業や組織はSOAの資産を独立したレジストリに保持し、ビジネスプロセスの資産を別のサイロで管理せざるを得ず、SOAとプロセス改善へのイニシアチブが分離されていた。しかし、webMethods 8.0とCentraSite ActiveSOAとの組み合わせによって、ウェブサービスや統合関連サービス、ビジネスプロセスモデル、KPIなどの資産を単一の統合リポジトリに追加できるようになった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]