編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

エフセキュア、企業向けのセキュリティツールをセットにした「エフセキュア ビジネス スイート」発売

ZDNet Japan Staff

2010-03-16 18:58

 エフセキュアは3月16日、同社が企業向けに提供している6つのセキュリティソリューションを同梱したビジネススイート製品「エフセキュア ビジネス スイート」を発表した。4月1日に発売する。

 エフセキュア ビジネス スイートは、エフセキュアが企業向けに提供しているセキュリティ ソリューションを同梱したスイート製品。「エフセキュア ポリシーマネージャ」「エフセキュア クライアント セキュリティ」「エフセキュア アンチウイルス ワークステーション」「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ」「エフセキュア アンチウイルス Microsoft Exchange」「エフセキュア Linux ゲートウェイ」の6製品が含まれる。

 エフセキュア ポリシーマネージャでは、同梱される各製品の更新、アップグレード、設定、管理を日本語GUIを通して一元的に行える。また、エフセキュア アンチウイルス ワークステーションでは、Windows端末向けのウイルス対策、スパイウェア対策が可能だ。加えて、エフセキュア クライアント セキュリティでは、Windows端末におけるウイルス対策、スパイウェア対策のほか、ルートキットのリアルタイム検知および駆除機能、侵入防止機能、アプリケーション制御機能等を搭載する。

 また、エフセキュア アンチウイルス Windows サーバではWindowsサーバにおけるウイルス、スパイウェア対策が可能。エフセキュア アンチウイルス Microsoft Exchangeおよびエフセキュア Linux ゲートウェイでは、それぞれゲートウェイとしてExchange Serverの各バージョン、Linuxの各種ディストリビューションに対してウイルス対策機能を提供する。

 エフセキュア ビジネス スイートの価格はユーザー数によって決められており、企業はユーザー数と環境に応じて、これらの機能の中から必要なものを組み合わせて利用できる。同社では、エフセキュア ビジネス スイートにより「人員の増減などの経営状況や、IT環境の変化に迅速に対応でき、ライセンス管理の手間、プロセスを簡素化できる」としている。

 エフセキュアビジネススイートのライセンス価格は、ユーザーあたり1万3000円(1〜9ユーザー)、1万1120円(10〜24ユーザー)、9080円(25〜49ユーザー)などとなっている。また、他社製品からの乗り換え割引、教育・医療・介護機関向け割引制度も用意されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]