編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本HP、企業内通信サービスのクラウド形式での提供を可能にする通信事業者向けソリューションを発表

ZDNet Japan Staff

2010-03-18 06:00

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は3月17日、通信事業者をはじめとするサービスプロバイダーが、中堅中小規模企業向けに企業内通信サービスをクラウド形式で提供することを可能にするコミュニケーションサービス「HP Communication as a Service (HP CaaS)」を発表した。また、HP CaaSを実現するソリューション「HP Aggregation Platform for SaaS」の提供も同日より開始している。

 通信事業者は日本HPが提供するHP CaaSを通じて、中堅中小規模企業の顧客に対し、企業内通信サービスをクラウド形式で提供することができるという。例えば、通信事業者がIPネットワーク内でIP電話端末間の接続を行うIP-PBX、企業の電話窓口で音声による自動応答を行うIVR、通話録音、テレビ電話会議システム、コンタクトセンター等の提供が可能になる。

 企業内通信サービスをクラウド形式で利用することにより、エンドユーザーは最先端のコミュニケーション技術が利用でき、企業内通信サービスの運用コスト管理が容易になるというメリットがある。また、システムへの投資が不要になり、新しい技術を利用した通信サービスの導入に関するリスクも低減できるとする。

 提供が開始された「HP Aggregation Platform for SaaS」は、HP CaaSを実現するためのソリューションとして、通信事業者等のサービスプロバイダー向けに販売されるもの。各種通信サービスや顧客管理システム、請求システム等を連携させ、複数の通信サービスをワンストップで提供することを可能にするという。

 10のコンポーネントから構成されており、主な機能としては、エンドユーザーが必要とするサービスを検索するための「Market Place Portal」、利用契約を行うためのポータルをエンドユーザーに提供する「SMB Customer Portal」、ワンストップショップ方式で契約を行った複数のサービスを利用可能にする「SaaS Service Provisioning」、シングルサインオン機能を提供する「Identity&Access Management」などがある。この他課金や清算および各種管理システムを構築するサービスが含まれる。

 HP Aggregation Platform for SaaSでは、企業内の通信サービスだけではなく、CRMやERPなどのアプリケーションサービスの統合も可能で、通信事業者やサービスプロバイダーが様々なアプリケーションをサービス形式で提供することをサポートするとしている。価格は個別見積もりとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]