編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IEに対するゼロデイ攻撃、もっとも被害を受けたのは中国と韓国

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2010-04-02 15:19

 Microsoft Malware Protection Center(MMPC)が発表したデータによれば、Internet Explorer(IE)を標的とする最新のゼロデイ脆弱性を悪用したマルウェア攻撃で、もっとも打撃を受けたのは中国と韓国のユーザーだった。

 この攻撃は米国時間3月9日に見つかったもので、攻撃内容にはトロイの木馬ダウンローダーと悪意を持ったハッカーに乗っ取られたコンピュータへの完全なアクセスを許してしまうバックドアが含まれている。

 MMPCによれば、標的の分布は50カ国に及んでいるが、中国と韓国がもっとも大きな標的となっており、米国がかなりの差で3位となっている。以下の図は、侵害を受けたコンピュータの分布を表したものだ。

IEに対するゼロデイ攻撃のターゲットの国別分布グラフ

 MMPCは、この攻撃は概念実証コードが公開され、Metasploitなどの公開されている攻撃コードテストツールに組み込まれた直後に急増したと述べている

 保護されていないユーザーは、この脆弱性を悪用しようとする悪意を持って作成されたウェブページを閲覧すると、感染する恐れがある。もしこの攻撃が成功した場合、被害者のコンピューターには多くのマルウェアがインストールされる可能性がある。攻撃の成功後にダウンロードされるマルウェアの多くはトロイの木馬だ。

 MMPCは、この攻撃に関連する少なくとも6つのトロイの木馬の亜種を列挙しており、公開されたばかりのIEに対する定例外パッチのリリースと導入によって、悪用の状況は緩和されると予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]