IEの新たなゼロデイ脆弱性に対する攻撃が進行中

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2010年03月10日 16時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、米国時間3月9日に公開したアドバイザリで、MicrosoftのInternet Explorerに存在するゼロデイ(未パッチの)脆弱性を悪用した攻撃が出回っていると警告している。

 Microsoftは、スケジュールに従い月例パッチとしてソフトウェアのアップデートを公開したのと同じ日に、IE 6とIE 7のユーザーに対し、遠隔からのコード実行攻撃の危険を警告する、パッチ前アドバイザリを公開した。

 このアドバイザリでは、次のように述べられている。

 現在までのマイクロソフトの調査で、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4上のInternet Explorer 8およびInternet Explorer 5.01 Service Pack 4は影響を受けず、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4上のInternet Explorer 6 Service Pack 1、Internet Explorer 6およびInternet Explorer 7は影響を受けることを確認しています。

 Internet Explorerで使用されるポインター参照が無効であるため、この脆弱性が存在します。オブジェクトが削除された後でも、特定の状況で、その無効なポインターにアクセスすることができる可能性があります。特別に細工された攻撃では、解放されたオブジェクトにアクセスしようとして、Internet Explorerでリモートでコードが実行される可能性があります。

 Microsoftは、この脆弱性を悪用しようとする標的型の攻撃を確認していると述べている。この攻撃に関する詳しい情報は提供されていない。

 同社は、同ブラウザの最新バージョンであるInternet Explorer 8は、この脆弱性の影響を受けないと明言している。

 問題を緩和する要素として、ほかに次のようなことが挙げられている。

  • Windows Vistaおよびそれ以降のWindowsオペレーティングシステム上の保護モードでは、攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合でも、攻撃者が取得するコンピューターでの権限は非常に限定されたものとなるため、脆弱性の影響を制限する手助けとなります。Internet Explorer 6またはInternet Explorer 7で攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、ローカルユーザーと同じユーザー権限が取得される可能性があります。コンピューターでユーザー権限が低い設定のアカウントを持つ場合は、管理者ユーザー権限で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。
  • Webベースの攻撃のシナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用を意図したWebページが含まれているWebサイトをホストする可能性があります。さらに、侵害されたWebサイトおよびユーザーが提供したコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストしているWebサイトに特別に細工したコンテンツが含まれ、この脆弱性を悪用する可能性があります。しかし、すべての場合において、これらのWebサイトに強制的にユーザーを訪問させることはできません。それに代わり、攻撃者はユーザーを攻撃者のWebサイトに訪問させようとする可能性があります。一般的には、ユーザーに電子メールメッセージまたはインスタントメッセンジャーのメッセージ内のリンクをクリックさせ、攻撃者のWebサイトへ誘導します。
  • 既定で、Windows Server 2003上のInternet ExplorerおよびWindows Server 2008上のInternet Explorerは、「セキュリティ強化の構成」と呼ばれる制限されたモードで実行します。このモードはインターネットゾーンのセキュリティレベルを「高」に設定します。これは、Internet Explorerの信頼済みサイトゾーンに追加していないWebサイトに対する「緩和する要素」に該当します。
  • 既定で、すべてのサポートされているバージョンのMicrosoft Outlook、Microsoft Outlook ExpressおよびWindowsメールは、HTML形式の電子メールメッセージを制限付きサイトゾーンで開きます。制限付きサイトゾーンは、この脆弱性を悪用し、悪意のあるコードを実行しようとする攻撃のリスクを排除します。制限付きサイトゾーンは、HTML形式の電子メールメッセージの読み取りの際に、アクティブスクリプトおよびActiveXコントロールが使用されないようにすることにより、この脆弱性を悪用しようとする攻撃の緩和に役立ちます。しかし、ユーザーが電子メールメッセージのリンクをクリックすると、Webベースの攻撃シナリオで悪用した脆弱性の影響を受ける可能性があります。Outlook 2007は、HTML形式の電子メールの表示に異なるコンポーネントを使用してるため、この悪用のリスクを排除します。

 パッチが提供されるまでの間、IEユーザーはMozilla Firefox、Google Chrome、Operaなどのほかのブラウザに切り替えることを考慮すべきだ。もしどうしてもInternet Explorerを使う必要があるのなら、次の回避策を適用するといいだろう。

  • iepeers.dllのアクセス制御リスト (ACL) を変更する。
  • インターネットおよびローカルイントラネットセキュリティゾーンの設定を「高」に設定し、これらのゾーンで ActiveXコントロールおよびアクティブスクリプトをブロックする。
  • インターネットおよびイントラネットゾーンで、アクティブスクリプトの実行前にダイアログを表示するようにInternet Explorerを構成する、またはアクティブスクリプトを無効にするよう構成する。
  • Internet Explorer 6 Service Pack 2またはInternet Explorer 7でDEPを有効にする。

 上記の回避策を適用するための手順については、Microsoftのアドバイザリを参照して欲しい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]