編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

タブレットに対応--富士ソフト、手書きの単語を予測変換する日本語入力ソフト

富永恭子(ロビンソン)

2010-04-02 18:53

 富士ソフトは4月2日、手書き入力での単語を予測変換できる日本語入力ソフトウェア「FSKAREN for Handwriting」を4月5日から発売すると発表した。

 FSKAREN for Handwritingは、タブレットPCなどのタッチパネル上で手書きで入力された文字を予測変換する。ひらがな入力時の予測変換に加えて、漢字入力時にも予測候補を出力できるという。

 手書き入力のほかにも、ソフトウェアキーボード入力、テンキー入力などユーザーの好みに合わせた入力方式を選択できる。入力方法を簡素化し、また選択肢を増やすことでタッチパネル上での入力環境を向上させ、誰でも簡単な操作で文字入力ができるという。

 また企業などで活用される既存の業務アプリケーションと直接連携することも可能だという。店舗で使用する伝票、官公庁や企業で使用する文書、病院の電子カルテなどタッチパネルを搭載したノートPC上で手書きで入力するなど、さまざまな目的に活用できるとしている。

 現在タッチパネルは、モバイル端末やポータブルゲーム機、カーナビ、銀行のATMなど多岐にわたり、さまざまな機器に搭載されている。富士ソフトは、タッチパネルに対応する機能を強化したWindows 7への移行が進む中でタッチパネル搭載のノートPCなどを中心にタッチパネル市場の拡大が加速すると見込んでいる。PCメーカー、流通や医療の分野などを中心に販売していきたいとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]