編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

5分で企業のIT成熟度を診断--マイクロソフトが無料診断ツールをウェブで提供

ZDNet Japan Staff

2010-04-05 12:00

 マイクロソフトは4月5日、同社のウェブサイト上で「IT基盤無料診断ツール」の提供を開始した。

 同ツールは、さまざまな規模の企業におけるIT基盤の現状分析と成熟度評価を行うためのもの。ウェブ上で5分程度で回答できる質問に答えることにより、企業内のデスクトップ環境に関する成熟度の現状、ビジネス課題と取り組むべきIT課題、IT課題を解決した場合のコスト効果事例、経営基盤強化に貢献するIT環境を実現するためのソリューション例をレポートとして提示する。

 従来より、マイクロソフトでは主にWindows 7の導入を検討している大企業に向けたコンサルティングサービスとして「PC環境成熟度診断サービス」を提供している。これは、主にデスクトップ環境の最適化に向けての課題分析、ロードマップ策定を行い、合わせて経営課題解決のためのIT基盤構築の指針を提示することで、企業におけるCIOやCIO補佐の支援を行うものだ。

 今回ウェブ上で提供される無料診断は、これまでのコンサルティングで得た知見をもとに、主に中堅中小企業に対して、いくつかの質問から、その企業のIT成熟度、課題の優先順位付け、導入効果の試算と類似の事例を提示するものとなる。

 IDC Japanの調査によれば、2009年11月時点で、日本の法人に設置されているPCのうち約60%が、既に延長サポート期間に突入しているWindows XP Professionalであったという。一方で、Windows Vistaは約19%、Windows 7は約6%にとどまっている。マイクロソフトでは、今回のツールの提供により、2014年にはサポートが終了するWindows XPなどの旧OSから、Windows 7への移行準備を進めるよう啓発を行いたい考えだ。IT基盤無料診断ツールの提供期間は4月5日から6月30日まで。ツールの利用にあたっては、Windows Live IDが必要となる。

IT基盤無料診断ツール マイクロソフトが提供する「IT基盤無料診断ツール」では、デスクトップOSとしてWindows 7を導入した際の効果も試算できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]