編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

NECの無線LANルータがNTTぷららの「ひかりTV」動作認定機種に

ZDNet Japan Staff

2010-04-12 13:33

 NECとNECアクセステクニカは4月12日、両社の提供する高速無線LANルータ「AtermWR8700N(HPモデル)イーサネットコンバータセット」が、NTTぷららの運営する映像配信サービス「ひかりTV」の動作確認試験に合格したことを発表した。ひかりTV動作確認済み機種に無線LANルータが認定されるのは初めてだという。

 AtermWR8700N(HPモデル)イーサネットコンバータセットは、IEEE802.11n/11a/11b/11gに対応した無線LANルータとイーサネットコンバータ子機をセットにしたモデル。このセットを利用することで、PCのみならず、ネットワークに対応したテレビやレコーダが無線で接続できるという。

 NECによると、一般的に無線LANの通信品質は利用環境によって影響を受けやすく、高品質な映像を高速かつ安定して伝送することが困難だったという。こうした課題に対し、AtermWR8700N(HP モデル)イーサネットコンバータセットは、ビデオや音声などのデータを優先的に伝送できる無線LANのQoS規格「WMM(Wi-Fi Multimedia)」に対応するとともに、ブロードバンド映像配信サービスなどのストリーミングデータを安定的に伝送できる「TVモード」を搭載した。

 なお、NECはサービス提供者やテレビメーカーと協力し、他の映像配信サービスとの接続検証や、DLNA(Digital Living Network Alliance、デジタル機器の相互接続性を高めるための規格)に対応したハードディスクレコーダに録画した番組を無線LAN経由で別室のテレビで視聴する接続検証も進めているとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]