CTCSP、バックアップソフト「Double-Take Backup」発売へ--CDPにも対応予定

富永恭子(ロビンソン)

2010-05-14 18:53

 シーティーシー・エスピー(CTCSP)は5月14日、バックアップソフトウェア「Double-Take Backup」を6月1日から販売することを発表した。

 同製品は、データレプリケーションとフェイルオーバを支援する「Double-Take Availability」の技術を活かしたものだという。Double-Take Availabilityのフェイルオーバ機能を除くことで低コスト化を実現したとしている。

 Double-Take Backupは、LANやWANを経由してシステム領域を含む全データをバックアップする「リアルタイムバックアップ」機能、設定ポリシーにしたがって自動保全する「アーカイブ」機能が標準搭載されているという。次期版では、任意の時点のデータに戻って短時間でビジネス再開ができる「継続的データ保護(CDP)」機能が搭載される予定となっている。また、将来的にはディスクの使用率を効率化する「重複除外(デデュープ)」機能などの搭載が予定されているという。

 これにより、WAN経由のN対1の集中バックバックアップによるコスト削減と運用業務の集約が可能になるとしている。また、データだけでなくOSやアプリケーションも24時間365日自動的にリアルタイムでバックアップできるため、サーバを停止させることなく、従来の定期的なバックアップ業務から一気に解放されるという。

 税別価格は、バックアップ元のエージェントサーバ1台に対して1ライセンス20万円から、バックアップ先のリポジトリサーバ1台に対して1ライセンス30万円からとなる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]