編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

CTCSP、データレプリケーションソフトの64bitサーバー対応版

WebBCN (BCN)

2006-09-12 08:24

 シーティーシー・エスピー(CTCSP、岩本康人社長)は、同社が販売・サポートする高速データ複製(レプリケーション)ソフト「Double-Take」のWindows Server 2003 x64bit対応バージョン「Double-Take x64版」を9月13日から出荷開始する。税別価格は、「Double-Take for Windows Server Edition」で、従来の32bit対応版と同等の48万円。

 「Double-Take」は、米Double-Take Software社が開発し、Windowsサーバー上で運用されているファイル、データベース、メールサーバーなどのデータの可用性を高めるソフト。今回、新たに「Windows Server 2003 x64bit版」に対応したバージョンを追加し、すでに64bit版を導入している企業や、今後の導入を見込む企業でも、「Double-Take」を利用したデータレプリケーション環境を構築できるようにした。

 CTCSPは、2000年7月に米Double-Take Software社(旧NSI Software)と販売契約を締結。「Double-Take」の販売とサポートを手がけ、自社のストレージソリューションの中核に位置づける。さらに今後は、これまで以上に販売に力を入れる予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]