日本HP、レガシーマイグレーションを検討する企業に「アセスメント前のワークショップ」を実施

富永恭子(ロビンソン)

2010-05-18 16:05

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は5月17日、メインフレームなどのレガシーシステムから最新システム基盤への移行を支援するサービス「アプリケーションモダナイゼーションサービス」のソリューションを拡充すると発表した。新たに「HPアプリケーションモダナイゼーション・トランスフォーメーションエクスペリエンスワークショップ」を開始する。

 新たに提供が開始されるワークショップでは、同サービスを検討している企業を対象に、アセスメントを行う前段階として、システム移行にあたっての課題をさまざまな角度からディスカッションし、短時間で現状の問題把握と解決に至る実行計画の策定を行えるよう支援するという。

 ワークショップでは、ディスカッションの題材として「シーン・セッティング」「モダナイゼーション戦略」「ビジネス成果」「ロードマップの策定」など9つのステージを用意。半日から1日の日程で、日本HPのコンサルタントとユーザーのアセスメント検討チームがステージごとに討議しながら、課題を網羅的に洗い出していく。

 ワークショップ終了後には、分析レポートを作成し、アセスメントに向けたアドバイスを提案するという。これによりユーザーは、現状の問題点とその解決策を短時間で把握できると同時に、検討チーム内でのコンセンサスを得ることができ、アプリケーションモダナイゼーションアセスメントサービスのスムーズな導入が可能になるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]