フィードパス、feedpath Roomsのモバイル対応を開始--Android、iPhoneからも利用可能に

ZDNet Japan Staff

2010-06-02 19:33

 フィードパスは6月2日、同社が提供する企業間コラボレーションサービス「feedpath Rooms」において、モバイル版の提供を開始したと発表した。

 feedpath Roomsは、ファイル共有とメッセージング機能を軸に、主に複数の企業をまたがるプロジェクトなどで活用できるクラウドサービス。3月よりサービスを開始し、現在約1000ユーザーに利用されているという。

 本日より、正式にモバイル対応を行い、Androidフォン、iPhone 3G、iPhone 3GSの各スマートフォンと、ソフトバンクモバイル、NTTドコモ、KDDIの3キャリアの携帯電話から利用が可能となった。インターフェースは、スマートフォン向けのフルブラウザインターフェースと、携帯電話向けの専用インターフェースの2種が提供される。Androidフォンについては、現在国内で発売されている全機種に対応しているという。

 携帯電話から利用できる機能は、ユーザーニーズが最も高かった「メッセージング機能」より対応し、ユーザーが参加しているプロジェクトにおけるトピックのコメント閲覧、書き込み、共有メンバー確認が可能という。また、ホーム画面からは新着情報の「お知らせ」表示、参加プロジェクト一覧、トピック一覧などが確認できる。

 スマートフォンの場合は、PC版と同じURLでアクセスでき、フルブラウザインターフェースでPC版とほぼ同等の機能が利用できるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]