編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

日立、「HA8000シリーズ」に小規模システム向け新モデルを追加

大川淳

2010-06-10 18:28

 日立製作所は6月10日、PCサーバの「HA8000シリーズ」のラインナップに、小規模システム向け新モデル「HA8000/SS10」を追加したことを発表した。6月11日に発売する。タワー型のHA8000/SS10は、現行ラインアップの最小モデル「HA8000/TS10」と比べ、筐体体積を約57%、設置面積を約54%削減したという。

 CPUにはインテル Core i3プロセッサー i3-540(3.06GHz)、インテル Pentium プロセッサー G6950(2.8GHz)を採用。最大3台の2.5型SASハードディスクドライブやDATドライブなどのバックアップ装置を搭載でき、高信頼なシステム運用やデータ保管が可能。また、高効率電源を採用して待機状態のサーバ消費電力を抑えるなど低電力化も図っている。同社によれば「オフィスや店舗のデスク上への設置が可能」だという。

 また、HA8000シリーズの全9機種を対象に、保守要員による定期的なログ確認や簡易清掃、障害対応などのサービスを提供する「おまかせ安心モデル」を、現行の3年間から延長した4年および5年保証モデルを追加した。価格は3年保障の場合で22万2600円から。

 さらに、HA8000シリーズで「Windows Storage Server」を搭載しているファイルサーバ専用モデル「HA8000ストレージサーバ」を強化。4月に販売を開始した「HA8000/RS220」「HA8000/RS110」「HA8000/TS10」に、「Windows Storage Server 2008」を搭載することで、性能を向上させている。これらは、クライアントがファイルサーバを使用するためのクライアントアクセスライセンス(CAL)が不要であるという。

 HA8000/SS10の価格は12万8100円から。HA8000ストレージサーバは、最上位の「HA8000/RS220 Storage Server モデル」が57万3300円から。両者とも6月30日に出荷を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]